住宅ローン控除が延長されたって本当なの?その基準と控除額とは?

2020.08.28

住宅ローン控除の期間が延長されたのをご存知ですか。
これは2019年10月に消費税が8パーセントから10パーセントに引き上げられたことによるものです。

家計の負担が減るこの支援策は、これから住宅を購入される方にとって嬉しいものですよね。
今回の記事では住宅ローン控除の概要と期間延長による変更点を詳しく解説します。

□そもそも住宅ローン控除とは?

この仕組みは、住宅ローンを組んで居住用の物件を購入した場合や、増改築した場合などに、所得税や住民税が減額されることです。
しっかり手順を踏んで申請を行えば、一定の現金が還付されるわけですね。

そして還付される金額は、年末時点の借入残高に応じて決まります。
借入残高の1パーセント分が、最大10年間にわたって所得税から控除されます。

もし所得税の金額が控除額よりも少なかった場合は、住民税から控除されるためご安心ください。
ただし住民税から控除できる金額は、前年課税所得の7パーセントまで(上限13.65万)です。

また、その住宅ローン控除の適用には2つの条件があります。
それは住宅ローンの借入期間が10年以上であることと、住宅の床面積が50平方メートル以上であることです。
これらが満たされていないと、そもそも控除を受けられないため気を付けましょう。

□期間延長による変更点はあるの?

先ほど住宅ローン控除の最大適用期間は10年だと記述しましたが、消費税増税に伴ってこれが13年に控除期間が延長されています。

ただし期間延長に対象になるのは、消費税10パーセントで住宅を購入し、2019年10月~2020年12月末までに入居された方のみ(新型コロナウイルスによる工事遅延などにより、入居が遅れた場合は特別措置がある)です。

この2つの条件がどちらもクリアできていないと、期間延長の対象にはならないため注意しましょう。

また、最初の10年間の控除期間と、住宅ローン11年目~13年目の控除額の計算方法は少々異なります。
延長期間中は、以下2つの計算方法のうち、どちらか少ない方が適用されるでしょう。

・住宅ローンの年末残高の1パーセント分
・(住宅取得等対価の額-消費税額}の2パーセントを3で割る

□まとめ

今回は住宅ローン控除の期間延長について解説しました。
また、この控除の適用は新築に限らず中古物件でも適用できるため、住宅ローンを組む予定の方の多くは控除を利用する可能性があるでしょう。
当社では、そのような住宅ローンに関するご相談を無料で受け付けております。

マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact