住宅展示場のメリットとデメリットを解説します

2020.08.16

住宅の購入を考えたときに、はじめに住宅展示場を思い浮かべた方は多いでしょう。
実際の住宅を見て感じられる住宅展示場は、マイホームの夢が膨らんで楽しいですよね。
しかし、その中にもデメリットがあるのをご存知ですか。
今回の記事では、住宅展示場のメリットとデメリットを詳しく解説します。

□住宅展示場に行くメリットとは?

住宅展示場に行く最大のメリットは、やはり実際に住宅を体感できる点でしょう。
雑誌やホームページで分からない部屋の雰囲気やインテリア、大きさや素材を確かめられます。
内装のスケール感や間取りなども肌感覚で吸収できます。

「ここの設備を取り入れよう」「リビングはこのぐらいの大きさにしよう」といったように、マイホームを想像しながら見学すると楽しいですよね。

また、住宅展示場は数多くのハウスメーカーが集めっているため、効率的に比較できます。
外観が気になる住宅を見つけたら、モデルハウスに入って具体的な説明を受けられるでしょう。
そこで各ハウスメーカーの特徴や売りを把握できるため、理想のマイホームに近いハウスメーカーが見つかるかもしれません。

さらに、対応してくれる営業マンの比較もできるため、そこで営業マンの姿勢を感じられます。
実は、ハウスメーカーによって営業マンのタイプはかなり異なります。
答えにくい質問でも丁寧に対応してくれる営業マンは信頼できるでしょう。
営業マンは家づくりに大きな影響を与える存在であるため、住宅展示場の時点で見極めておくと良いですね。

□住宅展示場にはデメリットがあるの?

このように多くのメリットがある一方で、住宅展示場にはデメリットも潜んでいます。
特に予備知識のないまま住宅展示場に行くのは危険であるため気を付けましょう。
何も知らないまま、モデルハウスを見て営業を受けると、その会社が良く見えてきます。
これが住宅展示場の最大のデメリットでしょう。

「そんな簡単にいかないだろう」と思っている方こそ、注意が必要です。
近年のハウスメーカーは、どこも教育システムがしっかりしており、最初の挨拶から家を契約するまでの流れが徹底しています。
そんなプロの説明は分かりやすく、モデルハウスの良い部分しか分かりません。

また、訪問販売のような押し売りではなく、自分たちから興味をもって住宅を訪れているため、説明されたものが良く見えやすいです。
その結果よく分からず契約してしまうと、オプションが重なって予算オーバーになっていたり、よく考えたら不必要な設備を付けていたり、なんてことがあるでしょう。

このような事態を防ぐためには、理想のマイホームの条件をまとめておくことと、将来の資金計画を入念に立てた上で予算を決めておくことが大切です。

□まとめ

住宅展示場にはデメリットがあるといっても、事前にきちんと準備をしておけばその問題は解消できます。
そのため家づくりの情報を理解してから訪れることをおすすめします。

当社は、数多くの相談実績を誇る住宅購入専用窓口です。
住宅展示場に行かれる前に、資金計画を立ててみてはいかがでしょうか。

マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact