マイホーム購入に不安がある方へ!住宅ローンの流れについて紹介します

2020.07.17

「マイホーム購入のときはどのようにしてお金を借りたら良いのだろう」
このような不安をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
住宅ローンは審査が大変で、その流れも複雑そうなイメージがあると思います。
そこで今回は、住宅ローンの流れとその注意点について詳しく解説します。

□住宅ローンを組むまでの流れとは

住宅会社を決めて、マイホームを契約してから住宅ローンを探す方が多いですが、それはあまり正しい流れとは言えません。
住宅ローンの借り入れ手続きは、住宅を探している段階で同時に始めることをおすすめします。

まずは、借り入れする機関の情報収集をしましょう。
それぞれの金利や返済期間を比較して、自分たちに合ったプランのある金融機関を絞ります。
そしてマイホームの購入物件が決まったら、金融機関に住宅ローンの事前審査を申し込みましょう。

この時点で事前審査をしておくことで、おおよその借り入れ金額が分かるため、今後の住宅会社との契約がスムーズに進みやすいです。
事前審査を通過したら、住宅会社と正式に売買契約を結びます。
そのあとローンを申請して、本審査を受けましょう。

事前審査が無事通過できたからといって、必ずしも本審査が通るとは限りません。
それぞれ審査される項目が異なるため、あらかじめ項目を確認しておくと良いでしょう。
本審査が通ったら、いよいよ融資が決定します。

住宅購入者と住宅会社、金融機関で話し合いをして、金融機関から会社に借入金が支払われる融資実行日が調整されます。
金利は融資実行日から適用されることがほとんどでしょう。

その後、諸経費の清算をして、司法書士による登記の登録が完了したら、最後に物件の引き渡しがあります。
ここまでが住宅購入とローン借り入れの基本的な流れです。

□注意が必要な点とは

ローンを組むときには、金利の低さばかりに目を向けがちですが、それ以外にも注意が必要な点があるため紹介します。

まず1点目は、頭金の割合です。
近年はマイナス金利時代であり、かなり低い金利でローンの借り入れができます。その為、無理に頭金をいれず繰り上げ返済の計画を立てることで住宅ローン控除を満額受けることが出来たりもします。また、急に金利が上昇したタイミングで繰り上げ返済する事で毎月の支払額を抑えることも可能です。

しかしながら、頭金を入れなかった事により毎月の返済に追われストレスに感じることもあります。また、頭金を入れる事で住宅ローンの金利が優遇されることもあります。

その為、家庭のライフバランスを見ながら頭金の有無や割合を検討する事をおすすめします。

 

2点目は、金利の種類です。
住宅ローンを組むときに、固定金利か変動金利のどちらを選ぶべきかという問題は、永遠に議論される答えがないテーマです。

将来住み替えの予定や繰り上げ返済の明確な計画が可能な方は変動金利、長期にわたって返済計画を立てる方や繰り上げ返済の計画が見据えられない方は固定金利を検討されるとよいでしょう。

3つ目は、諸経費の計算です。
住宅ローンには、借り入れ金額以外にも諸経費がかかるため注意しましょう。
金融機関によって金額や算出方法が異なって比較しにくいのが特徴です。
事務手数料や繰り上げ決済手数料など、意外と費用項目が多いため、負担額を合計して比較すると良いでしょう。

□まとめ

マイホーム購入の住宅ローンについて詳しく解説しました。
住宅ローンには、金利以外にも頭金の割合や諸経費の額といった点に注意が必要です。

当社は、住宅会社の選び方からおすすめのローン紹介まで、住宅に関する相談を無料で受け付けております。

マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact