住宅ローンはフルローンにすべき?そのメリットとデメリットを解説します

2020.07.05

「フルローンで住宅を購入できるって本当なのだろうか」「返済にどれくらいかかるのだろう」
このような住宅ローンに関する疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
フルローンと聞くと、リスクがありそうでちょっと怖いですよね。
そこで今回は、住宅購入でフルローンを組むメリットと注意点を解説します。

□フルローンを組むメリットとは

住宅のフルローンとは、住宅購入費をすべて金融機関から借りて支払うことを意味します。
フルローンを組む最大のメリットは、頭金を支払う必要がないことでしょう。
例えば、住宅購入費が3000万円だったと仮定すると、一般的な頭金の額はその2割である600万円です。

購入時に600万円払ってしまうと、貯蓄がほとんど消えてしまう、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。
これを頭金なしのフルローンにすると、貯蓄を生活費として残せます。
引っ越したら、家具や家電の買い替えも必要でしょうから、ある程度貯蓄が残っていると安心ですね。

また、頭金を支払えるほど貯蓄がある方でも、子供の学費、親の介護費用、ケガや病気といった緊急時の費用としてお金を残しておく方もいらっしゃいます。
当面の生活費や将来かかる費用を貯蓄として残しつつ、マイホームを手に入れられることは、フルローンを組む大きなメリットと言えるでしょう。

さらに、フルローンにすることで住宅ローン控除の金額が多くなります。
頭金なしで住宅ローンを借りることは、ローン残高が増えやすいということであり、それによって住宅ローン控除で還付される税金も増えます。

住宅購入費によって差が出ますが、その控除額は1年間で5~10万円ほど変化するため、かなりお得になることが分かりますね。

□フルローンの注意点とは

フルローンにはメリットがある一方で、注意点も存在します。
通常の住宅ローンより、毎月の返済額が大きくなることは覚悟しましょう。
月収におけるローンの割合が高くなるため、家計に負担がかかることは間違いありません。

また、借り入れ金額が大きいため、金利が上昇するとその分返済の負担も増えます。
変動金利と当初固定金利で住宅ローンを借りる場合は、特に注意しましょう。

フルローンを組む際には、「100パーセント借金しているのだ」という意識を持つことが大切です。
借りられる金額と借りていい金額は違うという認識をきちんともって、無理のない返済計画を立てましょう。

□まとめ

すぐにマイホームが欲しい方は、フルローンを利用すると購入までの時間を短縮できるでしょう。
その一方で、フルローンにするには注意が必要な点もあるため、ご家族でじっくり話し合うことが大切です。
当社では住宅購入の専門家が無料で相談を受け付けています。

マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact