戸建てとマンションだとかかる費用はどれくらい違う?

2020.06.20

「戸建てやマンションを購入したいけど、どのくらい費用がかかるのかな。」
「コスト面のメリットについて比較したい」
今回はこのようなお悩みをお持ちの方に向けてランニングコストやメリットについて紹介します。

□一戸建ては初期費用がかかるが月々のランニングコストが低い

一戸建ての家を購入したいと考えている方の中には、マンションと比較している方が多いと思います。

一戸建ての家は、初期費用は高い傾向がありますが、マンションは毎月一定額が管理費として差し引かれるため、月々のランニングコストを比較した場合、一戸建ての方が安くなる傾向があります。

また、一戸建ての場合、電気やガス、修繕を依頼する会社が自由に選べるため、月々のランニングコストを自分でコントロールできるのもメリットの1つと言えるでしょう。

*購入初期費用の違い

初期費用を考えると、一戸建ての方がマンションよりも高額になる傾向があります。
しかし、あくまで傾向であるため、住宅ローンや管理費の内容によって異なる場合があることは理解しておきましょう。

*月々のランニングコストの違い

ランニングコストの点では、一戸建ての方が安価です。
マンションにおけるランニングコストには、管理費や積み立ての修繕費が含まれます。
他に、自家用車を持っている方は駐車場の維持費もかかる上に複数台持っている場合二代目以降は他の駐車場を探さなければいけないなんてこともよくあります。

一戸建ての場合、管理費や駐車場の維持費がかからないため、マンションよりもランニングコストがかかりません。
しかし、修繕費は自身で貯める必要がありますし、修繕するタイミングも自分で考える必要があります。
雨漏りや水回りの劣化が起こった場合の対処について事前にしっかりと考えておきましょう。

□条件によっても感じるメリットが違う

金銭面だけを見ると、同じ立地条件では一戸建ての方が高額になるでしょう。
しかし、マンションでは毎月一定額管理費や修繕積立金が要求されます。
また、車を持っている方は駐車場代を払う必要もあります。
一戸建てはそのような費用は発生しません。
月々では少額に感じるかもしれませんが、その家に数十年住み続けると考えると、少なくとも1000万円ほどの違いが生まれるでしょう。

しかし、一戸建ての家を購入する場合でも、修繕費は自分で貯める必要があります。
自身の状況や環境によってどちらが良いか検討することをおすすめします。

□まとめ

今回は、マンションと一戸建てを比較しました。
月々にかかるコストや、初期費用における違いをご理解いただけたでしょうか。
新しい家を探している方は是非参考にしてみてください。

マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact