住宅購入を検討中の方へ!確定申告について把握していますか?

2021.10.05

「マイホームを購入したら確定申告した方が良いのか」「そもそも確定申告とはどんなものなのか」
このような悩みを持っている方は多いでしょう。
そこでこの記事では確定申告の必要性と手順を解説します。

□確定申告は必要?

そもそも、確定申告とはどのようなものなのでしょうか。
これは1月1日から12月31日までの間で得た所得から、税金の額を確定させる手続きのことです。
企業に属している方は年末調整があるのでこの手続きを省略できます。
ただし、自営業の方や年収2000万円を超える方は個人での確定申告が必要になります。

では、なぜ一般的に住宅を購入した際に確定申告が必要だと言われるのでしょうか。
それは、確定申告をしないと税金上損をしてしまうからです。
あなたは住宅借入金等特別控除を知っていますか。

これは住宅を購入すると10年間税金の特別控除を受けられる制度なのですが、確定申告をしないとこの控除を受けられません。
この理由から住宅購入した際は確定申告をした方が良いと言われるのです。

□確定申告の手順

ではどのような手順で確定申告すれば良いのでしょうか。
確定申告は「必要書類をそろえること」と「確定申告書を記入し提出すること」の2ステップで行えます。

まずは、必要書類をそろえましょう。
必要書類は以下の通りです。

・確定申告書
・住宅借入金等特別控除の明細書
・源泉徴収票
・本人確認書類
・住宅ローンの年末残高証明書
・不動産売買契約書のコピー
・不動産の登記証明書

確定申告書と住宅借入金等特別控除の明細書は国税庁のサイトもしくは最寄りの税務署で入手可能です。
また、会社員の方は勤務先から源泉徴収票をもらっておきましょう。
これは住宅を購入した年にそろえておくと確定申告をスムーズに行えます。

年末残高証明書は住宅ローンの借入先から送付されてくるので、紛失しないようにしましょう。
不動産の登記証明書は法務局で手に入れましょう。
法務局は購入した住宅の住所地を管理しています。

これらの必要書類をもとに、確定申告書を記入しましょう。
記入が終わった確定申告書と共に必要書類を提出すると確定申告完了です。

□まとめ

確定申告の必要性と手順を解説しました。
おうちの買い方相談室では、ファイナンシャルプランナーがお客様の悩みを解決します。
住まいに関するプロがお客様を徹底サポートいたします。
ぜひ相談室までお問い合わせください。

マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。

お問い合わせ