住宅を購入する際の流れと注意点についてご紹介します!

2021.10.25

「マイホームの購入を検討しているが、購入までの流れがイメージできない」
このような方が多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では住宅を購入するまでの流れをご紹介します。
その中で注意したいポイントも解説しますのでぜひ参考にしてください。

□住宅を購入する流れ

住宅を購入する大まかな流れは以下のようになります。

・住宅に関する情報収集
・見学
・購入と住宅ローンの申し込み
・契約の締結

1つ目のステップは住宅に関する情報収集です。
マイホームが欲しいと思ったら、まずはあなたがどのような暮らしをしたいのかをイメージすると良いでしょう。
理想のマイホームのイメージが固まったら、予算を決めます。
マイホームを購入すると固定資産税などの税金もかかりますので、見落とさないようにしましょう。

2つ目のステップは見学です。
1つ目のステップで考えた理想のマイホームにマッチするような物件を見つけたら、迷ず見学を申し込みましょう。
実際に見学してみることで、ネットでは気付けなかった魅力を発見できるかもしれません。

3つ目のステップは購入と住宅ローンの申し込みです。
購入する物件が決まったら購入手続きをして、住宅ローンの申請をしましょう。
ここで注意したいのが、一般的に不動産の売買は早い者勝ちであることです。
購入する住宅が決まったら売り切れてしまわないよう、早めに購入手続きを進めることをおすすめします。

4つ目のステップは契約の締結です。
契約書の署名が終わると、売主が買主に引き渡しをする準備を始めます。
引き渡し手続きが終わると、やっと住宅を購入したと言えます。

□住宅購入の際の注意点

住宅購入の流れを解説してきましたが、注意しておきたいポイントが1つあります。
それが「住宅ローンの審査に落ちてしまった場合、最悪解約されてしまう」ということです。

住宅ローンの審査に落ちると、資金が全く融資されなかったり、減額されたりすることがあります。
こうなってしまうと、支払いが難しいと判断され、住宅が購入できなくなってしまう恐れがあります。

住宅ローンの審査はスムーズに住宅を購入するための重要なステップと言えます。
無理のないプランで申請し、日頃から料金の滞納や借入をしないように気をつけましょう。

□まとめ

住宅を購入する流れと注意点を解説しました。
おうちの買い方相談室では、ほぼ毎日無料相談会を開催しております。
「家族全員が快適に過ごせるような住まいを購入したい」
このようにお考えの方はぜひ相談室までご連絡ください。

マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact