快適な家を作りたい方へ!家事動線の良い間取りを作るためのポイントをご紹介!

2021.10.21

あなたは快適な家の条件と聞かれてすぐに答えられますか。
そうでない方はこの記事を読んだ方が良いかもしれません。
この記事では快適な家の条件について解説します。
家事動線を良くするための間取りポイントについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

□快適な家の条件とは?

あなたが思う快適な家の条件は何ですか。
快適な家を実現する重要な条件の1つに「ストレスのない家事動線を意識すること」があります。

しかし、ストレスを感じやすい家事動線とは具体的にどのような動線を指すのでしょうか。
それは、掃除や洗濯、料理の際に家族同士がぶつかってしまうような、複雑に入り組んでいる動線のことです。

実際、生活動線のことを深く考えずに家づくりをした結果、日常生活にストレスを感じてしまい、後悔してしまう方が多くいます。
ですので、快適な生活を実現するためには、ストレスを感じさせないような動線づくりが必要です。

□家事動線を良くするための間取りのポイントとは?

「ストレスのない家事動線を意識することは分かったが、具体的にどうすれば良いのか」
このように思う方もいらっしゃるでしょう。
意識したいポイントは以下の3つです。

・キッチンを広くしすぎない
・それぞれの作業場所を離しすぎない
・水回りは近くに配置する

*キッチンを広くしすぎない

これはキッチンにおける間取りポイントです。
広いキッチンに憧れを持つ方も多いと思いますが、広すぎるとかえって作業効率が悪くなってしまいます。

なぜなら、冷蔵庫や電子レンジのような家電製品が遠い位置関係にあると移動する必要が出てくるからです。
キッチンを広くしすぎて後悔する方が多いので注意しましょう。

*それぞれの作業場所を離しすぎない

これは洗面所付近の間取りポイントです。
衣服を洗濯する際、「洗う」「干す」「たたむ」「しまう」の4ステップを踏む必要があります。
ここで洗濯機や物干しスペース、収納スペースが離れすぎているとキッチン同様、移動しなければなりません。

*水回りは近くに配置する

これは有名な間取りポイントです。
水回りをある程度近い距離に配置したり、回遊できるような配置にしたりすることで家事が非常に楽になります。

□まとめ

快適な家の条件と家事動線を良くするための間取りポイントを解説しました。
おうちの買い方相談室はご相談者様に満足していただけるような家づくりをサポートしております。
ほぼ毎日無料相談会を開催しておりますので、興味がある方はぜひご連絡ください。

マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact