住宅購入 <総額> だけで決めていませんか?

2021.09.14

 

 

住宅を検討されている皆様に質問させて頂きます。

 

○○万円までの予算で家を建てたい!こんな風に考えていませんか?

 

仮に現金で一括購入されるのであればこのような考え方もありだと思います。

 

ただ、ローンを借りて住宅購入を検討されている方は <返済総額> これを忘れないようにしましょう!

 

住宅ローンを借りる=利息がかかります。ごく当たり前の事ですが、私がこれまでお会いした 相談者様のほぼ全ての方が<返済総額>の計算をしたことがない と回答しています。

 

そしてほぼ全ての方に<返済総額>をお伝えすると『そんなに利息を払うの!?』といった反応をされます。

 

ここでよくある例で計算してみましょう。

 

□住宅総額3500万円(土地・建物・諸経費込み) 頭金0万円

 

住宅ローン借入額 3500万円 返済期間35年 借入利率 0.875%(元利均等返済)

 

なんと返済総額は下記になります。

 

<返済総額→40,621,068円 35年間総利息→5,621,068円>

 

借りたのは3500万円なのに4000万円以上も返済しなければなりません。

 

また借入方法にもよりますが一般的に取り入れられている元利均返済の場合は返済が始まった最初の年に 利息だけで月2.5万円 年間で30万円 近く支払うことになります。

 

毎月の返済額は9.6万円ですからその4分の1以上は利息を返している計算になります。

 

つまり3500万円で家を建てたいならば実際には3000万円程度の総額で考えなくてはならないという事です。

 

逆に利息を軽減する方法やきちんとした返済計画を考えた方はより住宅にかけられるコストが増えるという事でもあります。

 

住宅購入を考える際は<返済総額>を忘れず専門家のアドバイスのもとよりお得な返済計画をたてるようにしましょう。

 

この返済計画を見つめなおすだけで <数百万円も返済総額> がお得になった方をたくさん見てきました。

 

住宅購入で間取りを小さくしたり、設備関係を変更し数十万円の削減に必死になっている方はまずはご相談ください。

 

私たち専門家がよりお得な返済計画を考えます!

 

皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

 

マイホーム購入についてご不明な点等ございましたら下記よりご相談下さい。

お問い合わせ

この記事を書いた人

おうちの買い方相談室 山口下関店

室長 矢次 光哉