住宅の購入をお考えの方へ!ローン借換えについて詳しくご紹介します!

2021.09.24

「ローン借換えについて知識を深めたい」
住宅の購入を検討中で、このような考えをお持ちの方はいませんか。
今回は、住宅ローンの借換えにおける確認事項をご紹介します。
住宅ローンの借換えの魅力も併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□住宅ローンの借換えにおける確認事項とは?

1つ目は、残高と残年数です。
一般的に借換えをして得をすると言われているのは「ローン残高が1,000万円以上」、「残年数10年以上」の人です。
借換えにかかる諸費用のことを考えれば、これくらいの差が必要でしょう。

2つ目は、金利差です。
借換えによって恩恵を受ける金利差の目安は1パーセント以上です。
ローンの残高が多い場合は、1パーセント以下の金利の違いでも得をするように感じるかもしれませんが、ほんの少しの金利差だけではさほどメリットがない場合もあります。

□住宅ローンの借換えを行う魅力をご紹介!

ここからは、住宅ローンの借換えを行う魅力を5つご紹介します。

1つ目は、返済額を減らせることです。
住宅ローンの残高や残りの返済期間にも左右されますが、現在よりも低い金利のものに借換えられた場合、返済額を大きく減らせる可能性があります。

2つ目は、長期固定金利に切り替えられることです。
低金利である近年、長期固定金利でも1パーセント台の金利で借換えできる場合があります。
現在、変動金利で住宅ローンを借りており、将来的に金利上昇するのではないかと不安に感じている方は、長期固定金利での借換えを検討してみると良いでしょう。

3つ目は、団体信用生命保険の補償を充実させられることです。
団信の中には、死亡もしくは所定の高度障害状態となった場合以外でも、住宅ローンの残高が0円になるものもあります。

4つ目は、リフォーム用のローンを一緒に借りられることです。
リフォームに必要な資金を住宅ローンとして借り入れられると、低金利で資金を借り入れられます。

5つ目は、利便性が向上する可能性があることです。
借換えによって住宅ローンを給与振り込みのある銀行に一本化することで、資金を移動したり、管理したりする必要性がなくなり利便性が向上します。

□まとめ

今回の記事では、住宅ローンの借換えにおける確認事項と、住宅ローンの借換えを行う魅力をご紹介しました。
ぜひ本記事を参考にして住宅の購入計画を進行させてくださいね。
おうち買い方相談室では、ぴったりの「おうちの買い方」をご提案させていただきますので、どんなことでもまずはお気軽にお問い合わせください。


マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact