マイホームをお考えの方必見!無理のない返済をしましょう!

2021.09.20

マイホームの購入をお考えの方は、なるべく無理な返済をしたくないですよね。
マイホームの購入は金額が多いので、一括購入ではなく長期間に渡って返済していく住宅ローンを選択する方が多いでしょう。
そこで今回は、毎月の住宅ローン返済額と年収の関係、また住宅ローンの金利計算の注意点をご紹介します。

□毎月の住宅ローン返済額と年収の関係とは?

住宅ローンでいくら借り入れられるのかは、個人の年収や勤務先など、いわゆる「属性」によって、金融機関に判断されるものと考えて良いでしょう。
先に自分がどれだけ住宅ローンを借り入れられるのかをあらかじめ把握した上で、物件選びや返済計画作りに臨むことで、よりスムーズにマイホーム探しが進められます。
また、無理のない返済計画を立てるためにも理解しておきたいのが、毎月の住宅ローン返済額と年収の関係です。

住宅ローンの場合、返済負担率が25~30パーセント以内であれば無理なく返済できる範囲だと言われています。
例えば、年収が300万円で返済負担率を25パーセントとした場合、年間の返済額は75万円以内、毎月の返済額は約6万円となります。
最長35年間の住宅ローンを組んだ場合は、75万円×35年となりますので、年収300万円の方で返済負担率が25パーセントの借入額の目安は2,625万円となります。

□住宅ローンの金利計算における注意点をご紹介!

ここからは、住宅ローンの金利計算における注意点をご紹介します。

1つ目は、事務手数料の確認をしっかりすることです。
金融機関によっては支払う事務手数料が高い可能性があるので事務手数料にも関してもしっかりと確認して、返済総額を比較しておきましょう。

2つ目は、実際に借りられる金利は異なる可能性があることです。
インターネットなどでさまざまな金融機関の住宅ローンの金利を確認できますが、その金利で借りられるかどうかは、金融機関の審査によります。

3つ目は、リノベーション用の金利は異なることです。
中古物件でリノベーションをする際にローンを利用する場合、物件購入費用と同一の金利が適用になる場合と、別金利になる場合があります。

□まとめ

今回は、毎月の住宅ローン返済額と年収の関係、また住宅ローンの金利計算における注意点をご紹介しました。
おうちの買い方相談室では、住宅や金融の知識を総動員して資金計画を練り、ご相談様に合った住宅ローンや住宅会社を選ぶお手伝いをさせていただきます。
お困りの際はぜひお気軽にお問い合わせください。


マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。

お問い合わせ