マイホームの住宅ローンでお悩みの方必見!注意点について解説します!

2021.09.12

「住宅ローンについて理解を深めたい」
「住宅ローンを組むときの注意点には何があるのかな」
マイホームを建てることをお考えで、このような悩みをお持ちの方はいませんか。
本記事では、住宅ローンに関する基礎知識をご紹介します。
住宅ローンを組むときの注意点も併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしみてください。

□住宅ローンとは?

住宅ローンとは、住宅を買ったり改築したりするために金融機関から借りるお金のことを指します。
ローンは金融機関からの借金であるため、もちろん利息がかかります。
利息額は、「借りたお金=元金」に、「年間にかかる利息額の割合=金利(パーセント)」をかけて算出されます。
ただし金利は年間にかかる利息の割合なので、月々に支払う利息額を算出するには、12か月で割る必要があります。

利息は借りている期間に伴って増加していくので、返済期間が長いほど総支払額は増加します。
反対に返済期間を短くすると、総支払額を抑えられますが、月々に負担する額が増えてしまいます。
そのため、仕事の安定性や子供の有無、退職のタイミングといったライフサイクルや生活のバランスを考慮して、借入額や返済期間を決めると良いでしょう。

□住宅ローンを組む上で押さえておきたい注意点をご紹介!

1つ目は、団信への加入が基本であることです。
ローン債務者が返済期間中の万が一に備える保険のことを団信と言い、死亡した場合や所定の障害となった場合に条件を満たすと保険金が支払われて住宅ローンの返済義務が免除されます。

2つ目は、借入時に諸費用がどれくらいかかるのか確認することです。
ローンを組む際には、事務取扱手数料や保証料、印紙税、登記費用といったいろいろな費用が必要となります。
金融機関や商品によって異なるので、前もって確認しておきましょう。

3つ目は、手続きの方法や必要書類を確認し把握しておくことです。
住宅ローンの手続きは、金融機関や商品、借入形態、住宅の種類によって変化します。
また、必要書類を入手するのには時間を要する場合があるので、あらかじめ手続き方法や必要書類を金融機関で相談することをおすすめします。

□まとめ

今回の記事ではマイホームを建てることをお考えの方に向けて、住宅ローンに関する基礎知識と、住宅ローンを組む上で押さえておきたい注意点をご紹介しました。
本記事が住宅ローンについてお困りの方の参考になれば幸いです。
おうちの買い方相談室では、ファイナンシャルプランナーがぴったりのおうちの買い方をご案内します。

マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。

お問い合わせ