家を買うことに不安をお持ちのあなたへ!持ち家のメリットをご紹介します!

2021.08.04

「家を買いたいけど不安だ」
「住宅購入で失敗したらどうしよう」
このような考えをお持ちの方に向けて、家を買うことに対して人々がよく抱く不安や、持ち家のメリットをご紹介します。

□家を購入するときに感じる不安

人間は経験したことがないことに恐怖を感じる生き物です。
住宅を購入するという行為は、多くの方にとって経験したことがない体験であるため、恐怖を感じて当然です。
実際に住む家を決めて契約直前に至った段階で、やっぱり辞めるという方も一定数おられます。
ただ、家を買う際に感じる不安とその対処方法をあらかじめ知っておくことで、不安を軽減できるはずです。

*お金の不安

家を買う上で、避けられないのはお金の不安でしょう。
終身雇用制度が崩壊し、いつまで安定した収入が得られるのかわからない社会情勢において、長期のローンを組むことに恐怖や抵抗感を覚える方は多いです。
将来がどうなるのかわからない、ローンの審査は通ったものの本当に返済できるのか不安だ、という悩みを抱えている方もいらっしゃるでしょう。

また、情報不足によって「その物件価格が果たして適正なのか」という点に不安を持たれる方もいらっしゃいます。
もし住宅価格や建設費に疑問点がある場合は、遠慮なくどんどん質問しましょう。
価格の根拠をきちんと知ることで「何にお金を払っているのかわからない」といったストレスをなくせます。

また、お金の不安を軽減するための具体的な対策としては、収支のシミュレーションを細かく算出する手法があります。
「子どもの教育費がこれくらいで、生涯賃金がこれくらいで、老後資金と年金がこれくらいだから、この家を買っても大丈夫だ」というように、具体的な数字に落とし込むことで漠然とした不安を解消できます。

*物件への不安

物件そのものへの不安も、多くの方が感じています。

家の災害リスクはないのか、少子高齢化によって町の活力が失われているところに家を建てても大丈夫なのか、時間の経過とともに家の資産価値がどんどん下がってしまわないかといったような漠然とした不安を多くの人が経験します。
「このような不安を持つのは自分だけじゃないんだ」と知るだけでも気持ちが軽くなるでしょう。

□持ち家のメリット

続いて、持ち家のメリットをご紹介します。
持ち家のメリットは、家が資産になることです。
子どもに残す資産の一つとして、不動産を考える方は多いです。
家は相続時の節税対策としても利用できます。

また、住宅ローン控除によって所得税を節約できるため、家そのものを節税対策として利用できます。
加えて、賃貸ではなく持ち家に住んでいるというだけで、ある種の社会的な信頼が得られます。

□まとめ

家を買うことに不安を感じるのは当然です。
その不安の原因を一つ一つ突き止めて解消することで、満足のいく家選びができます。
住宅の購入にあたり不安を感じている方がいらっしゃれば、おうちの買い方相談室までご連絡いただけると幸いです。

マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact