注文住宅をお考えのみなさまへ!おしゃれな間取りのつくりかたをくわしくご紹介!

2021.07.09

注文住宅をお考えの方、お部屋の間取りについてお悩みの方はいませんか。
自分で間取りを決めるチャンスなのに、間取りの考え方が分からず困惑している方も多いと思います。

この記事では、そのような方に向けて、おしゃれな間取りの考え方をご紹介いたします。
ぜひ、注文住宅を購入予定の方は、参考にしてください。

□理想的な間取りの考え方とは

理想的な間取りの考え方は、3つあります。

1つ目は、家族の希望と生活動線を考えることです。

暮らしやすい間取りを実現するためには、家族の希望と生活動線にフォーカスことが第一です。
家族の希望に対する優先順位の設定と生活動線のシミュレーションを事前に行いましょう。

2つ目は、土地や周辺環境に合った間取りを検討することです。

住宅の立地している土地は、方角や周辺環境が様々です。
その方角や周辺環境について考慮した間取りを取り入れることで、生活の質が向上します。

例えば、バルコニーやリビングルームに太陽が届きやすいようにする、自然を感じれる縁側を作る、といった工夫をしてみてはいかがでしょうか。
場所を意識した間取りを心がけてください。

3つ目は、住宅ゾーニングを行うことです。

ゾーニングとは、間取りを用途や機能ごとに分類して決めることを指します。
土地全体や室内のゾーニングを事前に行うことで、理想の間取りを実現できます。

□おしゃれで人気な間取りのアイデア

人気な間取りのアイデアは、3つあります。

1つ目は、スキップフロアをつくることです。

スキップフロアは、1.5階や2.5階など床の一部に高低差をつくり、居住空間とすることを指します。
メリットは、空いている場所を有効活用して、フロアが広く見えることです。
その他にも、在宅ワークに向いていることや収納が増えることなど魅力があります。

2つ目は、サンクンをつくることです。

サンクンリビングとは、リビングのみが一段下がっている居住空間のことです。
このような空間デザインは、空間の解放感とおしゃれな雰囲気を生み出します。

3つ目は、ロフトをつくることです。

ロフトは、床に段差をつくり、もう一つの床を設けることでできる空間です。
この空間は、収納スペースや居住空間として活用できます。
ロフトをつくることで、開放感を味わえます。。

□まとめ

上記で述べた通り、注文住宅をおしゃれな間取りにするには、多様な方法があります。

まず、ご家庭に合った間取りを考えましょう。
間取りの決定は、住宅建設において非常に重要です。

この記事をみて、わからない事や不安な点がございましたら、おうち買い方相談室にご相談ください。

マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact