マイホームは頭金なしで買った方が良い?頭金について解説!

2021.06.24

「マイホームの頭金は用意した方が良いのかな。」
よくマイホームを購入するには頭金が必要だと言われることが多いです。
しかし、頭金なしで購入するという選択肢もあり、メリットも沢山あります。
そこで今回は、マイホームの頭金、頭金なしでローンを組むメリットを紹介します。

□頭金とは

そもそも頭金とはどのお金のことなのでしょうか。
まずは頭金について簡単に説明します。

頭金とはマイホーム価格のうち、住宅ローンで借り入れる金額以外のお金を指します。
例えば、マイホームの値段が6000万円だとします。
そのうち、自分のお金から1000万円払い、残りの5000万円を住宅ローンで支払う場合、頭金は1000万円の部分です。

さらに、頭金は自己資産とも言われますが、厳密に言えば違います。
マイホームを買う際には、不動産会社や銀行に払う手数料や火災保険、保証料など家の価格以外にもお金が必要です。
頭金に、そういった費用を足したものが自己資産です。

その他に、不動産会社への手数料や住宅ローンの事務手数料、保険料の支払いも必要となります。
しかし、そういった支出は頭金とは言いません。
あくまで頭金とは、家の価格のうち、現金で払う部分のことを言います。
ただし、そういった費用を含んだ金額を頭金として話される場合もあるため、違いはあまり気にしなくて良いでしょう。

□頭金なしでローンを組むメリットとは

頭金について大体をご説明しましたが、自己資産が十分でない場合など頭金を用意できない方もいらっしゃるでしょう。
ここでは頭金なしで住宅ローンを組むメリットについて3つ紹介します。

1つ目は、理想の家を持つ機会を失わずに済むことです。
住宅には全く同じ物件はないでしょう。
そのため、理想の住宅が見つかっても、タイミングを逃せば二度と同じ物件が手に入らないかもしれません。

頭金を貯めているうちに、そういった機会を逃してしまう可能性があります。
頭金なしで住宅ローンを組めば、理想の物件を速やかに購入できるというメリットがあります。

2つ目は、手元に資金を残せることです。
住宅購入時に頭金を入れると手元にある資金が減るため、頭金なしでローンを組み、資金を残しておくという手もあります。
そうすれば、急にお金が必要となった時にも柔軟に対応でき、家計のやりくりがしやすくなります。

3つ目は、返済を早く始められることです。
もし完済時期を定年退職などに合わせるなら、借り入れは早い方が毎月の返済額が少なくて済みます。
さらに、賃貸住宅で暮らしながら頭金を貯める場合は、頭金の貯蓄と月々の支払を並行して行う必要があります。
住宅を買う意志が明確なら、すぐに買った方が余分な家賃を払わずに済むという考え方もあるでしょう。

□まとめ

マイホームの頭金について、そして頭金なしでローンを組むメリットについて解説しました。
今回の記事を参考に、頭金なしで住宅ローンを組むという選択肢についても知って頂ければ幸いです。
マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact