マイホームを購入することを検討している方はいませんか?貯金方法を紹介します!

2021.04.20

マイホームを購入することを検討している方はいらっしゃいませんか。
家を買うという経験は大きなお金が動くため、人生でそう何度も経験することではないですよね。
そこで今回は、貯金方法を紹介します。
マイホーム購入に必要な一般的な貯金額も併せて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

□マイホーム購入に必要な貯金金額とは?

結論としては、マイホーム購入に必要な貯金額は諸経費と合わせて、480万円〜870万円ほどとされています。
ここでは、ケースに分けて詳しく見ていきましょう。

まず、貯金に余裕がある場合についてです。
この場合は、頭金を増やすことを検討しましょう。
頭金を増加することで借入金額を減らせることになり、その分返済額を減らせるためです。
返済額が減るということは、ローンのを返す計画を作る際に余裕が生まれます。

よって、頭金でどのくらいの額を払うことで、返済計画に余裕を持たせれるかをしっかりと考えることをおすすめします。

反対に、頭金が用意できない場合についてです。
このケースは、頭金をなくしてすべて、ローンを組むことも行えます。
もちろんここにはリスクがあるため、みていきましょう。

1つ目のリスクは、住宅ローンの審査に通りにくくなるということです。
頭金なしの場合だと、結果として返済金が多くなります。
返済金が多くなるということは、払いきれない可能性が高いと認識され、頭金を払っているときよりも審査が通りにくくなるのです。

2つ目のリスクは、そう返済額が増加することです。
頭金なしということは借入額が大きくなるため、利息も自然と増えてしまいます。
よって、返済の負担が大きくなってしまうのです

□貯金する際のポイントについてご紹介!

上記では貯金はある分だけメリットがあることがわかりましたね。
では、どのように貯金すれば良いのでしょうか。
ここでは、そのポイントについて2つご紹介します。

1つ目は、ライフプランを考えてマイホーム貯金をすることです。
貯金を始める前に、家族でしっかりとライフプランを話し合いましょう。
ここで具体的に立てることがポイントとなります。
いつ、どのくらいの額が必要となるのかを考慮しておくと、返済の計画もスムーズにたてられるでしょう。

2つ目は、家計の収支を把握しましょう。
購入するための貯金は頭金に使用する以外に、生活の予備費としても貯めておくことが大切です。

□まとめ

今回は、マイホームを購入する際に必要な一般的な貯金額と、貯金するためのポイントをご紹介しました。
貯金のポイントとしては、ライフプランを考え、収入を把握することでしたね。
マイホームを購入する際にこの記事を参考にしていただければ幸いです。