マイホームを購入することをお考えの方必見!予算に関する後悔を紹介します!

2021.04.04

マイホームの購入を検討している方はいらっしゃいませんか。
マイホームを購入することは人生でそう何度も経験することではないので、わからないことも多いでしょう。
そこで今回は、購入の予算について紹介します。
予算関係での後悔例とその対策を合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

□お金関連での後悔例とは?

マイホームを購入する際に後悔することとしては、お金や間取りなどさまざまな項目が挙げられます。
ここでは、お金関連の後悔に焦点を当てて2つ紹介していきます。

1つ目は、資金計画に失敗して、予算オーバーしてしまうパターンです。
自分の家を建てるとなると、理想に近づけようと必要最低限のものに加えてさまざまなものに手を出してしまいがちです。

そのため、たくさんの希望を取り入れて気がついたら予算オーバーが起きてしまうという例が少なくないのです。

この予算オーバーによって引き起こされる問題は、ほとんどが住宅ローンの返済時に起こります。
予想している予算を超えてしまうことで月々の返済額が高くなり、生活が圧迫される結果を招いてしまうのです。

したがって、返済計画に余裕を持たせるためにも、優先順位をつけて計画を立てることが重要でしょう。

2つ目は、予算を抑えようとして我慢しすぎることで起こる後悔です。
1つ目で挙げた予算オーバーとは反対に、予算を気にしすぎて妥協してしまい、理想の家を作れなくなるというケースです。

特に生活に直結する部分であまりにも妥協してしまうと、後悔に繋がりやすくなるため注意しましょう。

□後悔を防ぐポイントをご紹介!

上記では、資金面での後悔について紹介しました。
ではどのようにして後悔を防げば良いのでしょうか。
ここでは、対策を3つ紹介します。

1つ目は、希望を整理するために優先順位をつけることです。
優先順位をつけることで、後悔の例で多かった予算オーバーによる後悔と我慢しすぎによる後悔の両方を防げるでしょう。

2つ目は、諸費用を確認することです。
大きな諸費用としては、地盤改良工事の費用、水道引き込み工事の費用、融資諸費用の3つが挙げられます。

これら3つを特に意識して、気がつかないうちに予算オーバーしていたという事態に陥らないようにしましょう。

最後は、住んでからのコストを考えることです。
家を建てる時だけでなく、住んでからも費用はかかりますよね。
購入した後のランニングコストやメンテナンスコストを考えながら選ぶと良いでしょう。

□まとめ

今回は、マイホームを購入する際の予算での後悔と、対策を紹介しました。
予算オーバーしたり、我慢しすぎて理想とかけ離れたりする後悔に気をつけて満足のいく家を建てましょう。
マイホームの購入を検討される際に、この記事を参考にしていただければ幸いです。