住宅の購入を検討している方はいませんか?住宅と賃貸の比較を紹介します!

2021.03.09

住宅の購入を検討している方はいらっしゃいませんか。
家を買った方が良いのか、それとも借りた方が良いのか、迷う方も多いでしょう。
そこで今回は、賃貸と購入を比較してみます。
どんな違いがあるのかを詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

□賃貸と購入の違いとは?

皆さんは賃貸と購入の違いについてご存知でしょうか。
ここでは2つの主な違いについて紹介します。

1つ目は、支払うお金の中身が異なることです。
賃貸の家賃や更新料は、不動産会社や大家さんに払う「経費」にあたりますが、住宅ローンの返済はそうではありません。
住宅ローン返済のうち、利息は銀行などの借入先に払う「経費」ですが、元本返済分は買った家の代金に充当されるので、ご自身の資産の一部になるのです。
不動産は築年数の経過などで評価額が減る可能性が高いものの、購入では売却することでまとまった金額の現金資産を手にできるのに対し、賃貸では一銭も残りません。

2つ目は、支出総額です。
購入する場合の住宅ローン返済や管理費、税金、諸費用などの支出総額と、賃貸の家賃や更新料を払い続けた場合の支出総額を算出し、比較してみてください。
より厳密に比較するためには、将来の資産評価を考慮する必要があります。

□コストの違いをご紹介!

上記では、支払うお金の中身が異なる点と支出総額の2つの違いを紹介しました。
ここでは、将来を見据えた支出総額の違いについて掘り下げていきます。

購入した時にかかる費用としては、ローン返済金やメンテナンスの費用、固定資産税などの税金です。
賃貸の場合だと、家賃と更新料などですね。
長期的な視点で考えると、どのくらいの値段の賃貸に住むのか、どのくらいの値段の家を買うかによって大きく異なるため、どちらが得かを結論づけるのは難しいでしょう。

そこで、それを考える際のポイントとなるのが、どのタイミングでどのようなお金が必要かということです。
住宅は私たちのライフスタイルを決めますから、ご自身の人生計画と照らし合わせて、購入するか借りるかを考えると良いでしょう。

□まとめ

今回は、住宅を購入することと借りることの違いについて紹介しました。
それぞれの場合について、どの時期にどのような費用がかかるかを知っておくと良いでしょう。
住宅購入の際にこの記事を参考にしていただければ幸いです。

マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact