住宅の購入をお考えの皆さん!住所変更のタイミングについて紹介します!

2021.03.01

住宅の購入をご検討中の方はいらっしゃいませんか。
古い家から新しい家に移る際に、どのタイミングで住所変更したら良いかご存知でない方も多いでしょう。
そこで今回は、住所変更のタイミングについて紹介します。
 

□住所変更を行うベストタイミングとは?

 
まずは、住所変更を行うおすすめのタイミングを紹介します。
 
一般的に、新築住宅を建てることが決定したら、その後さまざまな契約を結び、住宅ローンの申請を行います。
これらの契約や申請の際に、昔住んでいた家の住所を使用すると、新居に移った際に変更する必要が出てきてしまいます。
したがって、複数の登記が必要になるため、お金を余分に支払うことになってしまいます。
 
そのため、住所変更を行うおすすめのタイミングとは、住宅ローン契約の前です。
契約前に行うことで、新居の登記などの手続きが容易になり、費用を抑えられるでしょう。
 

□住所変更を行う際の注意点をご紹介!

 
上記では、住所変更のタイミングについて紹介しました。
次に、住所変更を行う際の3つの注意点について紹介します。
 
1つ目は、新居に引っ越す前に住所変更できるかを自治体に確認するということです。
これは、総務省では基本的に引っ越しの後に変更するものと考えられているためです。
しかし自治体によっては、引っ越しの前に変更することを許可しているところもあるため、確認しておくと良いでしょう。
 
2つ目は、昔の住所で登録した場合に、住宅家屋証明書を受け取る手続きを忘れないで行うことです。
この証明書は、登録免許税の税率軽減措置を受けるために必要な条件が揃っていることを証明する書類です。
登記費用の削減のためにとても大切な書類であるため、手続きに必要な書類をあらかじめ準備しておき、忘れずに手続きをしましょう。
 
3つ目は、マイナンバーカードや印鑑証明書、住民票の申請も合わせて済ませておくことです。
住所が記載されているものは、なるべく早く変更の手続きを済ませましょう。
もちろん、後で変更することも可能ですが、何回も同じ場所に足を運ぶのは時間も手間もかかります。
したがって住所変更の際に、これらの申請も同時に行うことをおすすめします。
 

□まとめ

 
今回は住所変更のタイミングと注意点について紹介しました。
新築住宅の購入に伴う住所変更は、住宅ローン契約前に行うのがおすすめです。
住宅を購入する際に、この記事を参考にしていただければ幸いです。
 
マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact