建売住宅と注文住宅のどちらを選ぶべき?費用の面で比較します!

2021.02.08

「マイホームを建てたいけれど、建売住宅と注文住宅のどちらにすれば良いのかわからない」
こんな風に思っている方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、建売住宅と注文住宅の違いを費用の面で解説します。
住宅購入をする際の参考になれば幸いです。
 

□建売住宅が安い理由と注文住宅が高い理由とは?

 
一般的に建売住宅は注文住宅と比べると安く購入できる傾向があります。
建売住宅は土地と建物がセットで販売されていますが、一度に複数の住宅を建設すれば人件費や材料費を削減できるでしょう。
そのため、結果的に費用を抑えてマイホームを手に入れられますね。
必ずしもグレードが落ちるわけではないため、完成している住宅を見学して納得のいく住宅を見つけてみてください。
 
一方で、自由度が高く、理想に近い家づくりができる注文住宅はどうしても費用がかかってしまいます。
注文住宅は要望に合わせて施工を行うため、結果的に工期が長くなってしまいます。
そのため、人件費や材料費が多くかかってしまう傾向があります。
 
また、理想を求めるあまり、グレードの高いものばかり採用してしまうことで高額になってしまうケースも多くあります。
そのようなことを防ぐためには、必要なところを見極めることが大切です。
住宅の仕様を統一することや、きちんと下調べをすることでも費用を抑えられるでしょう。
 

□建売住宅と注文住宅のどちらを選ぶべき?

 
建売住宅と注文住宅はそれぞれにメリット、デメリットがありますが、どちらを選ぶと良いのでしょうか。
それは、建設前に手間をかけられるかどうかによって決めると良いかもしれません。
注文住宅は決めることが多いため、それが面倒に感じる方は建売住宅が良いでしょう。
 
反対に、建売住宅では実現できないこだわりを持っている方は、注文住宅がおすすめです。
二世帯住宅も検討中の方は、建売住宅ではあまり販売されていないため、注文住宅を選んで家族全員が使いやすい住宅にすると良いでしょう。
費用面で心配な方もいらっしゃるかと思いますが、工夫次第でコストダウンは可能です。
何より、後悔しない住宅購入をすることが大切ですので、家族でじっくり話し合ってみてはいかがでしょうか。
 

□まとめ

 
今回は、建売住宅と注文住宅の違い、どちらの住宅を選ぶべきなのかをご紹介しました。
建売住宅は同じ設計の家を何個か建てることで費用を節約でき、注文住宅は工期が長いため人件費が多くかかってしまいます。
どちらを選ぶかは建設前に手間をかけられるかどうかや、こだわりがあるかどうかで決めてみてはいかがでしょうか。
 
マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact