注文住宅でコストダウンするコツを専門家が解説します!

2021.01.31

「注文住宅を購入したいけれど予算オーバーしないか不安」
「どのようなポイントを見直せば良いのかわからない」
住宅購入をお考えの方で、こんな風に思っている方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、注文住宅におけるコストダウンのコツをご紹介します。
予算に関してお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

□注文住宅でコストダウンするコツとは?

注文住宅を作る際に注目していただきたいのが、家の形や間取りです。
1階と2階の床面積が同じの総2階建てにするとコストダウンに繋がります。
上下階の床面積が違うと屋根工事が複雑になってしまうため、費用がかかってしまいます。

また、間仕切りやドアの数を減らすとコストダウンになります。
同じ面積でも部屋数を減らすと材料費と工事費が節約できるでしょう。
部屋の数を減らしたくない場合は、収納扉をなくすことも効果的です。

さらに、設備のグレードを見直してみてはいかがでしょうか。
最近はトイレを1階と2階に1つずつ設置する住宅が増えていますが、来客用と家族が使う用でグレードを変えても良いでしょう。
また、キッチンに関しては配置を工夫したり、同じメーカーでもグレードの低いものを選んだりすることでコストダウンに繋がります。

□見積書に細かく記載してもらう!

住宅メーカーに見積もりを依頼する時に注目していただきたいのが、見積書がどの程度詳細に記載されているかです。
見積書は「一式」という形で記載することが多いため、どの部分にどの程度の金額がかかっているかがわかりにくいでしょう。
これではコストダウンをしたいと思ってもどこを削れば良いのかわかりません。

そのため、見積書には1つ1つ細かく料金を記載してもらうことがおすすめです。
この時、住宅に必要な設備の優先順位を先に家族と話し合って決めておくと、見積書を見ながら削るべき所と削ってはいけない所がスムーズに決められるでしょう。
打ち合わせを重ねていくと取り入れたい設備が増えてしまうことが多いですが、予算オーバーしないためには大切なことです。
仕入れ値や住宅メーカーの利益までを見積書に記載してくれる場合もあるため、担当者に相談してみると良いかもしれません。

□まとめ

この記事では、注文住宅におけるコストダウンのコツをいくつかご紹介しました。
間取りをシンプルにすることや、設備のグレードを見直すと良いかもしれません。
また、見積もりを出してもらう際に細かく内容を記載してもらうとどこを削るのか決めやすいです。

マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact