無理のない住宅購入とは?年収別に解説します!

2020.12.31

マイホームを購入する際に最も心配なことは、本当に払っていけるかどうかではないでしょうか。
では、無理のない住宅購入をするためには、どれくらいの金額の住宅を購入すると良いのでしょうか。
ここでは、住宅購入の目安を年収別に解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□無理なく購入できる金額の目安とは?

住宅を購入する際に、無理をせずに購入できると言われている金額の目安は、年収の5~6倍です。
この時の「年収」とは、世帯年収のことです。
年収400万円であれば、2000~2400万円、年収800万円であれば4000~4800万円が目安と考えて良いでしょう。

しかし、同じ年収でも、家族の人数やお金の使い方によって返済可能額は大きく変わってくるため、注意が必要です。
お子さんがたくさんいらっしゃる場合は、教育費を多めに見積もっておいた方が良いかもしれません。

□現在の家賃を1つの基準に取り入れる

住宅ローンの返済可能額を考える時に1つの基準になるものが、現在お住まいの住宅の家賃です。
毎月の返済額が現在の家賃と同じ程度と考えて一度計算してみてはいかがでしょうか。
マンションの場合は管理費などが必要なため、数万円引いた金額で計算しましょう。

この時に注意していただきたいのが、本当にその月々の返済額で良いのかという点です。
将来、住宅を購入する時は想定していなかった出費が出てくるケースはよくあります。

例えば、子供が増えて、月々の生活費が増えたケースや、子供が大学進学と同時に一人暮らしを始めるケースが挙げられますね。
他にも、親の介護のためや、家の老朽化が原因でリフォームをする必要が出てくるケースも多くあります。
定期的なメンテナンスが必要な設備もあるため、事前に計算しておくと良いでしょう。

こうしたライフスタイルの変化に柔軟に対応できるように、資金計画を立てておくことが大切です。
現在お住まいの家賃よりも、少し金額を下げて毎月の返済額を設定すると安心かもしれません。
ファイナンシャルプランナーや担当者と一緒に住宅ローンを決める際に、このようなケースにも対応できるように、余裕を持った返済計画を立てたいことを伝えておくと良いでしょう。

□まとめ

この記事では、無理なく住宅を購入するための金額の目安を年収別に解説しました。
現在お住まいの住宅の家賃も参考にしながら、毎月の返済額を考えてみると良いですね。

おうちの買い方相談室なら、無理のない返済計画を立てられます。
マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact