住宅の購入をお考え中ですか?支払いを現金かローンにするかについて解説します!

2020.12.21

住宅の購入をご検討中の皆さん、お支払いの方法は決定されましたか。
多くの方が住宅ローンを利用しますが、現金一括での支払いをご検討中の方もいらっしゃるでしょう。
それでは現金一括払いと住宅ローンでは、どちらの方を選ぶと良いのでしょうか。
そこで今回は、住宅購入時の支払い方法について解説します。

□現金一括払いとローン支払いについて

それではそれぞれの支払い方法の内容と、メリットやデメリットを確認していきましょう。

*現金一括払いについて

現金一括払いとは、住宅の購入費用を現金一括で支払うことです。
こちらの支払い方法のメリットとして挙げられるのは、住宅ローンに関する経費の支払いが必要なくなることです。
住宅ローンに申し込む際には、住宅ローン金利やローン保証料、事務手数料など様々な経費を支払う必要があります。
これらの支払いをしなくて済むのは魅力的ですよね。
さらに、より迅速に物件の購入を行えるのもメリットの1つでしょう。
その一方で、現金がショートしてしまう可能性もあります。
手持ちの現金を全て支払いに充ててしまうと、急に現金が必要になったときに困ってしまいます。
そのため、手持ちの額を全て支払いに回すのはおすすめできないでしょう。

*ローン支払いについて

住宅を購入する際には住宅ローンに申し込んで、長期間に渡って返済を行う方が多いです。
こちらの支払い方法のメリットは、住宅ローンの控除を受けられることです。
所得や購入する物件の種類にもよりますが、条件を満たせば総支払額を少なくできます。
デメリットは、住宅の購入に時間がかかること、毎月の支払いが家計を圧迫する可能性があることです。

□それぞれの支払い方法に適した人物像について紹介

続いては、それぞれの支払い方法に向いている人物の条件を比較します。
まず現金一括払いがおすすめになるのは、手持ちの資金が十分にあり、総支払額を抑えたい人でしょう。
一方で、住宅ローンに申し込むべきなのは、将来的に学費などの大きな出費がある人、ローン減税を受けられる人です。
ご自身の経済状況や貯蓄額も踏まえて、それぞれのライフプランに合った支払い方法を選択してくださいね。

□まとめ

今回は、住宅購入費用の支払い方法について解説しました。
どちらの支払い方法にもメリットとデメリットが存在するため、ご自身の現在の状況や将来のことをしっかりと考慮して選択しましょう。
これらの知識をもとに、賢く住居を購入してくださいね。
マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。 https://ouchi-shimonoseki.com/contact