住宅購入をお考え中の皆さん!頭金がいくら必要かを解説します!

2020.12.09

住宅の購入をご検討中の皆さん、頭金についてご存知ですか。
住宅は高価な買い物なので、それに伴って頭金も高額になりがちです。
そんな頭金ですが、いくら必要なのか気になりますよね。
そこで今回は、住宅購入の際に必要となる頭金について解説します。
これから住宅の購入をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□頭金とは?

まずは頭金とは何なのかについて解説します。
頭金とは、住宅購入価格から住宅ローンの借入額を差し引いたもののことを指します。
住宅を購入する際には、多くの方が住宅ローンに申し込みますよね。
その申し込みの際に、どれだけの額をそれだけの期間に渡って返済するのかを決定します。
その合計額を住宅の価格から引くことで、どれだけの頭金が必要になるのかを算出できます。
このことから、頭金を出来るだけ多めに払っておけば、今後の支払い負担が軽くなることがお分かり頂けるでしょう。
さらに頭金を多めに払っても、少なめに払った時と同じ額を毎月返済していけば、返済期間を短縮できます。
年齢を重ねていけば子供の学費や老後資金等が必要になるので、ローンの支払いを早めに済ませておけば心理的にも金銭的にも楽ですよね。
また、返済期間が短くなることで、利子の支払額も減るので、合計の支出が抑えられます。
さらに、十分な頭金があれば購入物件の選択肢が増えるのも魅力的でしょう。
その一方で、頭金の支払額を少なめにすることで現在の支出は抑えられますが、将来的な負担が重くなってしまいます。
しかし、無理に頭金を多くしてしまうとその後の返済が厳しくなることもあるので注意しましょう。
現在の家計の状況をよく分析して、ご自身に適した頭金の額を設定してくださいね。

□頭金の平均額について

続いて、頭金の平均額についてご紹介します。
一般的な頭金の平均額は購入額の1から2割程度とされているので、これを目安にしましょう。
具体的な金額としては、注文住宅の場合で約640万円、建売住宅で約290万円、マンションで約710万円とされています。
もちろん、これらの額は土地代や購入する建物のグレードによっても大きく上下します。
さらに、頭金がなくても住宅の購入は可能です。
しかし、その場合は住宅ローンの負担が非常に重たくなってしまうでしょう。
上記の数値を目安にして、最適な額の頭金を用意してから住宅の購入を行ってくださいね。

□まとめ

今回は住宅を購入する際に必要になる頭金について解説しました。
頭金についての知識をしっかりとつけて、納得のいく住宅購入を行いましょう。
マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。 https://ouchi-shimonoseki.com/contact