住宅購入の際に必要になる頭金の貯め方について解説します!

2020.12.05

これから住宅を購入しようとお考えの方は、頭金については把握していることでしょう。
しかし、その頭金をどのように貯めていけば良いのかについては、知らない方が多いのではないでしょうか。
頭金はまとまった額が必要なので、計画的に貯めていく必要があります。
今回は住居購入のための頭金の貯め方について解説します。

□頭金を貯める方法とは?

普段の生活から貯金があまり得意ではないという方もいらっしゃるでしょう。
日々の生活に追われて、なかなか貯金にまで手が回らないかもしれません。
そんな方は頭金を貯めるのにも苦労してしまうでしょう。
そこで、具体的な頭金の貯め方をご紹介します。

*財形貯蓄をする

1つ目は、財形貯蓄を利用する方法です。
財形貯蓄であれば、計画的にお金を貯められますし、元利合計が550万円までであれば利子が非課税です。
注意点は、引き出しを簡単に行えないことでしょう。
はじめの1年間は出金を行えず、その後も引き出す際には上司の確認等が必要になります。
逆にこの性質のおかげで、一般口座に貯金するよりお金が貯まりやすくなります。

*各種支払いの見直し

毎月、計画的に貯金ができない方は月々の支払いを見直す必要があるかもしれません。
携帯の代金、保険料、自動車税など、一つ一つの支払いはそれほど高額でなくても、積もると大きな額になるものはたくさんあります。
そのうち、対策として挙げられるのは、保険料の見直しや車の売却です。
このように固定費を少なくすれば、浮いた分を貯蓄に回せます。
頭金を効率よく貯めるには、このように日々の生活の支出の見直しや、貯金方法の変更をしてみると良いでしょう。

□頭金の額について

続いては頭金の額について解説します。
住宅を購入する際には、必要になる頭金の目安を知っておきたいですよね。
一般的に、頭金は住居購入額の約2割とされています。
具体的な額としては、1,100万円から1,300万円程度の頭金を準備される方が多いです。
まずはこの額を参考にしてみると良いでしょう。
あくまで、これらの数値は平均値なので頭金を一切払わない方も、現金一括で購入される方もいらっしゃいます。
ご自身に適した頭金の額を設定して、計画的な返済を行ってくださいね。

□まとめ

今回は、住宅購入の際に用意する頭金について解説しました。
頭金は住宅を購入するときに非常に重要なものになります。
これらの内容を参考にして、適正な頭金の目標額を定めて、着実に資金を貯めてくださいね。
マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。 https://ouchi-shimonoseki.com/contact