住宅ローンの金利についてご存知ですか?フラット35について解説します!

2020.11.24

マイホームを建てるときは、ほとんどの方が住宅ローンを借り入れるのではないでしょうか。
ローンを組むときは、なるべく金利の低いプランを選びたいですね。
ここでは、住宅ローンの金利がお得になるフラット35について解説をします。
今後住宅を建てる機会のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

□フラット35の特徴を解説

フラット35とは、全期間固定金利の住宅ローンです。
最長で35年間利用できるため、フラット35と呼ばれています。
金利が固定であるため、資金を受け取るタイミングで、返済額が確定します。
どれくらいのペースで返済をしていけば良いか分かるため、資金計画も立てやすくなりますね。

フラット35を利用する際は、保証人を必要としません。
また、繰上げ返済をする場合も、返済方法を変更する場合も、手数料はかかりません。
返済方法を変更する際は、専門家がご相談者様に合った最適なプランを提案させていただきます。
新機構団信や新3大疾病付機構団信など、万が一に備えた体制も整っているためご安心ください。

□フラット35Sが適用される住宅について解説

住宅ローンの金利がお得になるプランは、フラット35以外にも、フラット35Sやフラット35リノベ、フラット35子育て支援型・地域活性化型などのバリエーションがあります。
それぞれ、適用される住宅が異なるため、事前に確認しておくことが大切ですね。
ここでは、フラット35Sが適用される住宅について解説をしています。

端的に言うと、フラット35Sは質の高い住宅に適用されます。
質の高さとは、どのような基準によって見定められるのでしょうか。

質の高い住宅とは、省エネルギー性やバリアフリー性、耐震性などが十分考慮された住宅を指します。
このように、フラット35Sが適用されるには、一定の技術基準レベルを満たす必要があります。
基準を満たしているかどうかは、第三者機関による検査を通して判断されます。

フラット35Sの中にも2つのプランがあり、技術基準のレベルが高いほど、金利の引き下げ期間が長いプランが適用されるでしょう。

□まとめ

住宅の技術基準レベルが高くなると、よりお得なプランに移行できます。
資金計画をしっかり立てるためにも、フラット35やフラット35Sの適用条件をしっかり確認しておくことが大切になってきます。
マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact