住宅ローンの申し込みを検討中の皆さん!繰上げ返済についてご存知ですか?

2020.11.12

住宅ローンをご検討中の皆さん、繰上げ返済についてご存知ですか。
繰上げ返済とは簡単に説明すると、予定より早くに返済を行うことです。
まだ住宅ローンを借りていない方も、繰上げ返済について知っておくことで将来役に立つかもしれません。

今回は、住宅ローンの繰上げ返済についてご紹介します。

□2種類の繰上げ返済について

繰上げ返済には2種類の異なるものがあるのはご存知でしょうか。
まずは、これらの違いとそれぞれの特徴についてご紹介します。

*期間短縮型について

期間短縮型を選択することで、ローンの残高の支払い期間の短縮が可能になります。
返済期間の途中にまとまった額を支払うことで、月々の返済額は変更せずに、残額を支払い続ける期間を短くできます。
少しでも早く、住宅ローンを完済できれば安心ですよね。

期間短縮型のメリットは、返済期間が短くなることで負担しなければならない金利の総額を減らせることでしょう。
このことから総支払額を減らして、手元により多くのお金を残せます。

*返済額軽減型について

返済額軽減型を選択した場合は、月々の返済額を減らせます。
繰上げ返済を行った額を残月数で割り、その分だけ毎月の返済額が安くなります。
返済額軽減型のメリットは、月々の負担分が減って、生活に余裕ができることでしょう。
住宅ローンは固定額の支払いなので、少しでも減ることで貯蓄や他の用途にお金を回せるようになります。

□繰上げ返済のメリットとデメリットについて

繰上げ返済のメリットは上記でご紹介したようなものがあります。
それでは、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

1つ目は、手数料を支払う必要がある可能性があることです。
利用している金融機関によっては、繰上げ返済を行うときに手数料に支払いを求められることがあります。
繰上げ返済を複数回行えば、その分だけ手数料も多く払う必要があるので注意しましょう。

2つ目は、住宅ローン控除の適用から外れる可能性があることです。
返済を早く終わらせようとして、あまりにも返済期間を短くしすぎてしまうと住宅ローンの控除を受けられなくなってしまう場合もあります。
返済期間を短くすることが総支払額のカットに繋がるとは限らないので注意しましょう。

□まとめ

今回は住宅ローンの繰上げ返済についてご紹介しました。
2種類の返済方法の違いと、それぞれのメリットやデメリットを理解していただけたでしょうか。
住宅ローンや不動産に関する疑問点等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
マイホーム購入についてご不明点がございましたら下記よりご相談ください。
https://ouchi-shimonoseki.com/contact